日本の民話・伝説の絵本が読めるサイト

公園雑記4 番外編 日原鍾乳洞・後編その1【地獄系】


前回までのお話。

遂に鍾乳洞の入口にたどり着きました。
入口に立っただけで、冷凍庫を開けた時のような冷気を感じます。

後編です。いざ!!

Print

まず第一印象は「寒い」です。
外ではあれだけ暑い、きつい、とぼやいていたにも関わらず私は入洞してものの2分で寒さに耐えきれなくなっていました。

そして、鍾乳洞内の予想以上のダンジョン感に期待は高まる一方です。

さっそく記念撮影!

逆光!

逆光!

各見所に看板があります。

さっそくに出迎えてくれたのが
「死出の山」

こういうところで地獄系の単語があるとがぜんテンションが上がります。

こういうところで地獄系の単語があるとがぜんテンションが上がります。

 

 

死出の山=死後、閻魔大王の裁きをうけに行く時に越えていく山の名前だそうです。

 

 

鍾乳洞の雰囲気に飲み込まれ完全に冒険モードに入った私は
「アレを付けてくれば良かった」と思い初めていました。

 

 

コレです

 

 

 

まずはカタチから

まずはカタチから

 

 

すすめ!!ふるさとえほん探検隊!

 

 

 

 

Print

 

 

弘法大師が学問を学ばれたというスポットが。

 

学問所

 

更にコースを進むと、、

 

遂に辿りつきました。

あの世スポットです。
さいの河原と三途の川の看板があります。
右手にさいの河原。左手に三途の川を確認しながら歩みを進めます。
本当に地獄があるとしたら、まさしくこんなふうに彩りのない寒々しい空間を寂しく歩くのだろうなぁ、、、と妙に切ない気持ちになりました。

 

賽の河原

 

その後、かなり狭まった急な階段を少し上がると

 

 

突然、ひらけた空間に!

 

 

 

どーん

どーん

 

おそらく鍾乳洞内1番の見せ場。

写真が鍾乳洞のしおりの表紙にもなっている空間です。

鮮やかな照明でライトアップされ天井が高く見応えありです。

 

更に進みます。

 

おや

小石が積み上げられています。

また、さいの河原があります。

IMG_3221

さいの河原多めだなぁ。。

ん?

IMG_3307

縁結び観音??

さいの河原の横に縁結び??

IMG_3332

縁結び観音とさいの河原が同じ並びにあることに若干の戸惑いを感じつつも

ここでもしっかりとお願いをしました。

良いご縁がありますように!

 

さて、もうすぐ出口です。

 

後編その2に続く。

 

 

 


Reply

Your email address will not be published. メールアドレスが公開されません。

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>