日本の民話・伝説の絵本が読めるサイト

岐阜新聞さんに掲載していただきました!


ふるさと絵本.com事務局です。
本日、本陣平野屋 花兆庵さんからお手紙をいただきました!
開いてみて…びっくり!
な、ななんと岐阜新聞さんの飛騨地域面に掲載していただきましたー!!!!

140814_1

カラーで写真も!こんなに大きく扱っていただいています!!!

実は月曜日に岐阜新聞社の山田俊介様からお電話で取材を頂いていたのですが、まさか次の日に掲載いただいていたなんて知りませんでした!
本当にうれしいです。

この記事がきっかけでこの活動に興味を持って下さる方が少しでも増えることを願っています。
ありがとうございました。
以下、記事全文を転載させていただきます。

飛騨国分寺題材に絵本〜東京の団体が制作、高山で展示〜
大イチョウ観光客に紹介

国指定天然記念物の大イチョウなどで知られる、高山市総和町の飛騨国分寺が絵本になった。地元に伝わる民話「飛騨国分寺の大イチョウ」を題材に東京との有志団体が制作、市内の観光施設などで展示が始まっている。(山田俊介)

制作したのは、作家やデザイナーなどでつくる「ふるさと絵本.com」。観光客に地域の魅力を伝えようと、全国各地に伝わる民話や伝説を題材に絵本を作っている。インターネット上での公開が主で、製本されるのは今回が初めてという。

作品はA5判30ページ。絵本作家アウリンコさんが手掛け、同寺の建立や大イチョウにまつわるストーリーをやわらかなタッチで描いている。

旅館や飲食店などに配布し、新たなもとなしの手段として活用してもらう方針。11日には、同市上一之町の飛騨高山まちの博物館で展示が始まり、親子らが手に取っていた。同団体担当者は「絵本を通して、より地域のことを知ってもらえたら」と話している。

同館のほか、本陣平野屋花兆庵(同市本町)、カフェ楓(同町)でも閲覧できる。


Reply

Your email address will not be published. メールアドレスが公開されません。

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>