日本の民話・伝説の絵本が読めるサイト

宇都宮 大谷町レポート 最終回 「石山の歌」


事務局の伊東です。

大谷町レポート最終回です。

大谷町資料館見学の後、大谷石体験館に戻ってきました。
そこで4人で昼食のカレーセットをいただきました。

遅い昼食を終え、宇都宮ガイド協会会長の藤本さんと、語り部の有岡さんとはここでお別れです。
本当に沢山の収穫を得ることができ大谷の魅力を楽しむことができました。
ありがとうございます!!

カレー

店内には「石山の歌」の歌詞が飾られていました。

大谷石体験館の壁に飾られている「石山の歌」

大谷石体験館の壁に飾られている「石山の歌」

「石山の歌」は労働歌です。

当時、共働きで忙しく、なかなか子供とのコミュニケーションの時間を持つことができなかった親達に、
子供が楽しく歌う様子を見て笑顔になってほしい、という想いで地元の教師だった女性が創作された歌だそうです。

体験館で歌と同じタイトルの映画「石山の歌」(昭和30年制作)を見せていただきました。
この歌を創作された女性教師と、採掘場で働く親とその子供達の映画です。
当時の大谷町の風景を垣間みることができます。

貴重な映像です

貴重な映像です

 

 

歌をモチーフにした手拭も見せていただきました。

手ぬぐいは体験館を経営されている方のお嬢様がデザインされたそうです。

手ぬぐいは体験館を経営されている方のお嬢様がデザインされたそうです。

貴重な資料のコピーも

貴重な資料のコピーも

ここで取材は終わりです。
体験館や資料館の方々、藤本さん、有岡さん、わるいだ〜さん、地元の方々のおかげで無事に初取材を終えることができました!

取材を元にした「天狗の投げ石」は現在制作中です。

乞うご期待。です。


Reply

Your email address will not be published. メールアドレスが公開されません。

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>