日本の民話・伝説の絵本が読めるサイト

山梨県 北杜市レポート06「で…でかい。(ゴクリ)」


08_Kinoue

東京はとても涼しいです。アキタヤです。

神代桜の写真を撮って、さて、次は。

アウリンコさんは植物や生物に強い関心のある作家さんだということは以前も書きましたね。北杜市行きが決まった経緯もそこに関係しているのでしたね。木々を楽しみましょう。

次の行き先・宿泊先の方向を考えて、北野天神社のトチノキを見に行きました。

車を止めて、トチノキに向かう道を歩きます。色んな実が落ちてます。狛犬がこっちを見ている気がしました。

08_Totinoki3

階段を数段のぼり…。来ました!ドンと。太い。

08_Totinoki2

そしてでかい!

08_Totinoki1

わぁ…。天まで伸びてる…。身長182cmのアウリンコさんが小さく見えます。(身長、嘘です、ごめんなさい)

北野天神社のトチノキは、神社境内のほぼ中央にあり、そのため存分に枝を延ばすことができ、トチノキ本来の樹形を見ることができます。本樹は地上1.3mでの幹周りは4.20m、樹高は27mを測る巨樹で、地上5mほどまでは直立し、そこから延ばした太枝は境内をすっぽりと覆うようです。新緑や盛夏のすがたも見事ですが、秋には紅や黄色のとてもにぎやかな紅葉が見られ、葉が落ちると境内一面が厚く覆われます。(北杜市のホームページより引用させていただきました。)だそうです。

春先だったので、葉は無かったですが、そのぶん、木の骨格を見ることができました。

葉の有る頃にも来てみたいです。

 

さて、次の目的地へ向かいます!

08_distance


Reply

Your email address will not be published. メールアドレスが公開されません。

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>