日本の民話・伝説の絵本が読めるサイト

山梨県 北杜市レポート08「守る、伝える」


10_oito1

事務所、全員風邪をひきました。全員マスクをしている姿は面白いです。

 

えほん村をあとにした、アウリンコさんと僕。次は北杜市の名桜を見に行きます。

新田の大イトザクラです。どんな木なのか詳しくは北杜市観光協会さんのサイトから引用させていただきます。

新田の大イトザクラは樹齢400年のエドヒガンザクラの変種です。根回り8m、枝張り20m余り四方に下垂し、かさのような美しい形を しています。昭和34年山梨県の天然記念物に指定されました。田んぼの真ん中に位置し、八ヶ岳をはじめ周辺の景色は素晴らしいです。

10_oito3

この時期、観光客用の臨時駐車場がオープンしていました。そこに車を止めて歩くテクテクと歩いて行きます。僕たちの右手側は雲間から青い山々がのぞいていました。

10_oito2

5分ほどでしょうか。本当に田園風景の真ん中に、ドテンと立つ新田の大イトザクラに会う事ができました。晴れていれば遠くの山々と開けた景色が気持ちいいんだろうなぁと思いました。

10_oito4

10_oito6

時期が少し早かったですが、チラホラと花をつけていました。

例年、見頃時期は神代桜からだいたい10日ほど後になっているようです。面白いですね。(取材日は4月6日でした。神代桜は満開。北杜市の見頃予報では大イトザクラは4月14〜19日が見頃と予想されていました)桜と言っても一斉に見頃になる訳ではないのですね。地域の方々はそれぞれ特徴的な桜を長い期間楽しめるんだなぁと、少し羨ましくもなりました。今週はここ、来週はあそこ、みたいな。いいですね。

10_oito5

現在、樹勢回復事業の一環として、桜の周りに防風ネットが設置してあったり、いろいろな箇所を支えていたりしているようです。なんとか次の世代の人たちにも見事な桜を残してあげたいですね。

そんな気持ちは、今回桜をテーマに絵本を作りたいと言っていたアウリンコさんの気持ちにもつながる気がしました。写真や映像の他にも、地域の大事な物を伝えて行く方法として絵本という手段はどうかな?そういう気持ちを持って北杜市に行ったんでした。

 

警備をされていた方に「東京から絵本を作りにきました」とご挨拶をして、桜の事や地域の事を教えていただきました。写真も撮らせていただきました。ありがとうございました。

さて、次どうしよう…と思っていると警備の方に「近くに某有名ミュージシャンの実家のお寺があるよ!」と道順を教えていただいたんですけど…、若葉マークの僕ではまったく道順が頭に入らず、田んぼ道を迷子になって、結局たどり着けなかったというオチを一応ここでご報告しておきます。すみませんでした。

 

迷子の果てに、さて次は…。

10_distance

続く。(アウリンコさんからも、「まだ続いてるの?!」とコメントをいただいております…)


Reply

Your email address will not be published. メールアドレスが公開されません。

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>